肌 石鹸 無添加

こんな石鹸をつかうと肌を傷める原因になります

石鹸

 

お風呂に入って身体を洗うときに、ほとんどの人がシャンプーやボディソープを使うと思います。

 

それらは殺菌効果の高さを謳ったものや、香り豊かなものなど様々なバリエーションがあり、自分に合ったものを選ぶことができるほど、選択肢が多くあります。しかし、CMなどでは伝えられていない肌への悪影響を孕んだ商品が店頭に並んでいることもあります。

 

「添加物」といえば最近では一般的な言葉になってきましたが、どのようなものが添加されていたら身体に悪いかということまで知っている人はあまりいません。例えば一般に流通しているシャンプーにはシリコンが添加されていることが多いです。

 

背中にニキビができるということでお悩みの方はわりと多いですが、その原因の一つにあげられるのが、シャンプーのシリコン成分ということがいわれています。

 

また、ボディソープにしても防腐剤や泡立ちを良くするための成分が入っていることが一般的ですが、これもまた肌への刺激が強いものや、アレルギー症状の原因になったりするものもあります。

 

香りが良いからとか、殺菌と書いてあるからという表面的な効果だけで身体を洗うシャンプーやボディソープを選ぶのは、実はあまりおすすめできることではないのです。

無添加のせっけんがきれいな肌をつくる

シャンプーやボディソープを使うことが肌に悪いなら、せっけんを使えばいいんだ。という風に思う方は大勢いらっしゃると思います。

 

確かにせっけんといえば、素朴で健康的なイメージが少なからずあるように思いますが、せっけんならどんなものでもよいというわけではありません。

 

せっけんにも肌に悪影響を及ぼす添加物を含んだものがあります。

 

例えば、石油由来の界面活性剤だとかエタノールといった成分が挙げられます。こういった成分を含んでいるせっけんは洗浄力が強く、必要以上に肌の油分をとってしまいます。

 

では、なにを選べばよいのか、となったときに注目すべきキーワードが「無添加」という言葉です。

 

無添加せっけんと書かれているものは基本的には肌への負担が少ないものといえます。ものによっては食べても問題ないせっけんもあります。

 

無添加せっけんを使うことで、肌が必要な油分が維持され、乾燥を防いでくれます。また、刺激物がないので、アレルギー症状のあらわれ方が少なくなるケースも多くあります。

 

ただし、泡立ちが少ないとか、洗浄力が弱いとか、商品の価格が高い、というデメリットも少なからずあります。しかし、無添加せっけんは髪も顔も身体もすべて洗えるという優れものでもあります。

 

健康的なお肌のづくりには無添加せっけんは欠かせないものといえるでしょう。