美白 化粧品 選び方

美白は長期的に取り組む姿勢が重要です

肌の白いキレイな女性

 

美白ケアの効果を引き出す為には、毎日の継続したお手入れが欠かせません。

 

美白ケアに使用する化粧品は、もちろん美白に効果のある成分が含まれている製品を使うことが大前提となります。

 

美白化粧品は保湿化粧品と比べると直ぐに効果が出るものではありません。日焼けによるの肌全体の美白には最低1ヶ月、シミや色素沈着にはじっくりと3ヶ月は美白化粧品を使い続けてほしいものです。

 

ですから、もしも痒みなどのトラブルが起きない限りはこれだ!と思った美白化粧品を数ヶ月使い続けてみてくださいね。

 

また美白ケアには、ピーリングも有効です。

 

ピーリングはターンオーバーを促すことにより紫外線から受けたダメージの回復を早くしたり、シミや色素沈着を肌から早く排出する為に役立ってくれます。

 

それだけではなく、後から使用する美白成分入りの化粧品の浸透を助けるといった役割も果たしてくれるんですね。

 

だから美白ケアをするなら、美白化粧品とピーリング化粧品はペアで使ってみましょう。

美白ケアは医薬部外品の方が効果的?

では肝心の美白化粧品には医薬部外品とそうでは製品がある事を知っていますか?医薬部外品とは、厚生労働省に認可された美白成分が含まれた化粧品のことです。

 

厚生労働省に認可されている美白成分には「ビタミンC誘導体」「アルブチン」「カモミラET」「トラネキサム酸」「コウジ酸」「プラセンタ」などがあります。

 

医薬部外品は化粧品と薬の中間とされていることもあり、一般の化粧品よりも美白効果が高いのではないか?と医薬部外品を選ぶ人もいるかもしれません。
本当に医薬部外品の方が美白力が高いのでしょうか。

 

実際のところ、医薬部外品のほうが必ずしも美白効果が高いという訳ではありません。

 

確かに医薬部外品は美白効果があると認められた製品ではありますが、中には新しい美白成分を配合してもわざと医薬部外品としての認可を受けずに化粧品として販売するブランドもあるのです。

 

それは何故かというと、医薬部外品にすると美白に関する効果を謳うことが出来るものの配合量などに制限が設けられてしまうんですね。

 

という事は、有効成分の濃度が医薬部外品より高い化粧品もゴロゴロある訳です。

 

こうした理由もあり、美白ケアには医薬部外品を選ぶべき!とは一概に言えないのです。

 

残念ながら効果のある美白化粧品は自分の肌で継続して使う事で判断するしかありません。化粧品は新しい美白成分が続々と出ていますから、情報を収集しつつ自分の肌と対話をしながら試してみましょう。

 

また、化粧品と並んで日焼け止めも美白が気になる夏には重要ですよね。

 

日焼け止めというと肌に塗るものというイメージがありますが、ここ最近ではサプリメントのように飲むタイプが主流になりつつあります。

 

どんな日焼け止めサプリを選べばイイのかは以下のサイトが詳しく纏められているので、興味のある方は覗いてみてください。

 

日焼け止めサプリの教科書|飲む美白で絶対焼かない透明肌へ